SEA100

Japanese


Catch That Bus Sdn Bhd

Catch That Bus Sdn Bhd

Malaysia マレーシア

http://www.catchthatbus.com

サービス名 CatchThatBus(バス予約サイト)
サービスURL http://www.catchthatbus.com
事業領域 eCommerce, Transportation
サービス紹介

CathThatBusは、東南アジアで都市間を走るバスを運営するオンラインの旅行代理店(OTA)です。私たちは、透明性、説明責任、および、バスを使うときのより良い経験を促進するプラットフォームを提供します。私たちは、体験的な要素にフォーカスします。そして、モバイルファースト技術により、私たちは、場所を拠点にしたサービスや旅の追跡、モニタリングのようなことにフォーカスすることもできます。私たちの目標は、東南アジアで、一貫した好ましいバスの旅の体験を提供することです。

社長情報
Catch That Bus Sdn Bhd
経営者名 Viren Doshi
生年月日 7/1/1980
出身地 Kuala Lumpur, Malaysia
職務経歴 CatchThatBusを設立する前は、ムンバイの外の旅行会社で戦略コンサルタントとして働いていました。また、ヨーロッパ、中東、アフリカで、主要な運送会社のために技術ソリューションを提供するシーメンスの仕事を、ミュンヘンとクアラルンプールで何年もやっていました。
学歴 MBA, Australian Graduate School of Management;
BSc Computer Science, University of Nottingham
-起業のきっかけはなんですか?

私と共同設立者のアシュウィンは、かなり見過ごされてきたバス業界に、計り知れない未開発の潜在的可能性があることを発見して、CatchThatBusを一緒に設立しました。

ある年、クアラルンプールからシンガポールまでのバスのチケットを買おうとして、私たちは、その過程が極めて難しく、面倒であることに気付きました。そして、何故、映画や飛行機のチケットを買うよりもずっと簡単だったりしないのだろうと不思議に思いました。飛行機よりもバスで旅する人のほうが多いので、私たちは、このとても断片的な業界に、オンラインチケット販売の計り知れない潜在的可能性があることを見て取りました。

私たちは、バスの旅がいまだに、最も重要な大量輸送セクターであると思っています。ですから、私たちは、バスの旅の体験をより良いものにし、東南アジアにおける好ましい旅の手段としたいのです。

-日本の企業や投資家へメッセージをお願いします。

バスでの旅は、すべての発展途上国における成長産業です。すべての国で似たような問題に直面しているので、これは、グローバルな問題であると同時に、バスで旅をする年間何十億人もの人たちの生活をより良くする機会なのです。

会社情報
Catch That Bus Sdn Bhd
設立年月日 8/24/2011
所在地 A32, Menara Nu, 203 Jalan Tun Sambanthan 50470 Kuala Lumpur, Malaysia
事業内容 Online ticketing for bus travel
資本金 US$5,000,000-US$10,000,000
株主/投資家 Jungle Ventures 500 Startups Spring Seeds Ventures
資金調達の有無 yes

※ 掲載企業に関するあらゆるお問い合せを受け付けておりますが、ご質問に関しては回答できない場合がございます。なにとぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

この企業をシェアする
Facebookでシェア google

Catch That Bus Sdn Bhd

Catch That Bus Sdn Bhd

Malaysia マレーシア

http://www.catchthatbus.com

サービス名
CatchThatBus(バス予約サイト)
サービスURL
http://www.catchthatbus.com
事業領域
eCommerce, Transportation
サービス紹介

CathThatBusは、東南アジアで都市間を走るバスを運営するオンラインの旅行代理店(OTA)です。私たちは、透明性、説明責任、および、バスを使うときのより良い経験を促進するプラットフォームを提供します。私たちは、体験的な要素にフォーカスします。そして、モバイルファースト技術により、私たちは、場所を拠点にしたサービスや旅の追跡、モニタリングのようなことにフォーカスすることもできます。私たちの目標は、東南アジアで、一貫した好ましいバスの旅の体験を提供することです。

社長情報
Catch That Bus Sdn Bhd
経営者名
Viren Doshi
生年月日
7/1/1980
出身地
Kuala Lumpur, Malaysia
職務経歴
CatchThatBusを設立する前は、ムンバイの外の旅行会社で戦略コンサルタントとして働いていました。また、ヨーロッパ、中東、アフリカで、主要な運送会社のために技術ソリューションを提供するシーメンスの仕事を、ミュンヘンとクアラルンプールで何年もやっていました。
学歴
MBA, Australian Graduate School of Management;
BSc Computer Science, University of Nottingham
-起業のきっかけはなんですか?

私と共同設立者のアシュウィンは、かなり見過ごされてきたバス業界に、計り知れない未開発の潜在的可能性があることを発見して、CatchThatBusを一緒に設立しました。

ある年、クアラルンプールからシンガポールまでのバスのチケットを買おうとして、私たちは、その過程が極めて難しく、面倒であることに気付きました。そして、何故、映画や飛行機のチケットを買うよりもずっと簡単だったりしないのだろうと不思議に思いました。飛行機よりもバスで旅する人のほうが多いので、私たちは、このとても断片的な業界に、オンラインチケット販売の計り知れない潜在的可能性があることを見て取りました。

私たちは、バスの旅がいまだに、最も重要な大量輸送セクターであると思っています。ですから、私たちは、バスの旅の体験をより良いものにし、東南アジアにおける好ましい旅の手段としたいのです。

-日本の企業や投資家へメッセージをお願いします。

バスでの旅は、すべての発展途上国における成長産業です。すべての国で似たような問題に直面しているので、これは、グローバルな問題であると同時に、バスで旅をする年間何十億人もの人たちの生活をより良くする機会なのです。

会社情報
Catch That Bus Sdn Bhd
設立年月日
8/24/2011
所在地
A32, Menara Nu, 203 Jalan Tun Sambanthan 50470 Kuala Lumpur, Malaysia
事業内容
Online ticketing for bus travel
資本金
US$5,000,000-US$10,000,000
株主/投資家
Jungle Ventures 500 Startups Spring Seeds Ventures
資金調達の有無
yes

※ 掲載企業に関するあらゆるお問い合せを受け付けておりますが、ご質問に関しては回答できない場合がございます。なにとぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

この企業をシェアする
Facebookでシェア google
pagetop