SEA100

Japanese


Coda Payments

Coda Payments

Singapore Singapore

https://www.codapay.com/

サービス名 Coda Payments
サービスURL https://www.codapay.com/
事業領域 Payments
サービス紹介

Codapayは、東南アジアにおける代替的な支払のゲートウェイです。私たちは、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポールで、クレジットカードやデビットカードを持っていなくても、どんな消費者でも使える支払方法での支払(運送会社への直接請求、銀行振込、コンビニでの現金払い、物理的な商品引換券など)を、商人が受け付けられるようにしています。Codaと一度技術的な接続をし、商業契約を交わすだけで、私たちの商人(Baidu(バイドゥ)、Gumi(グミ)、Garena(ガレナ)などの会社)は、私たちがサービスを提供する急速に成長している市場で、著しく収益が増大するのです。同じように、Codaを商人集積者として指名することで、私たちの支払チャネルプロバイダー(Singtel(シングテル)、Indosat(インドサット)、Maxis(マクシス)などの会社)は、著しく沢山の新しい総取引量を生み出すのです。

社長情報
Coda Payments
経営者名 Neil Davidson
生年月日 4/30/1981
出身地 California, United States
職務経歴 Coda(コーダ)を共同設立する前、Neil(ニール)は、GSM Association(ジーエスエム・アソシエーション)で、Mobile Money(モバイル・マニー)のアンバンク・チームのマネジャーをしており、McKinsey & Co.(マッキンゼー・アンド・カンパニー)でコンサルタントもしていました。
学歴 Neil earned his bachelor's degree and an MBA from Harvard University.
-起業のきっかけはなんですか?

Codaを設立する前、Neil Davidson(ニール・デイヴィッドソン)(CEO)とPaul Leishman(ポール・リーシュマン)(COO)は、モバイル・ネットワーク業者のグローバルな業界団体であるGSm Associationで一緒に働いていました。彼らは、発展途上および新興市場の電気通信会社のために、支払サービスを作り、展開する手伝いをしていました。彼らは、オンラインの商人が運送人直接請求やその他の代替的な支払チャネルを利用できるようにする支払プラットフォームを作るチャンスを東南アジアに見い出しました。そこで、GSMAを出ることを決め、Coda Paymentsを設立しました。

-日本の企業や投資家へメッセージをお願いします。

ゲームや、その他のデジタルコンテンツを東南アジアに導入しようとしている日本の企業とお話するのを楽しみにしております。

会社情報
設立年月日 12/21/2011
所在地 77A Tras Street
事業内容 Accept payments from cardless customers in Southeast Asia with just one connection
資本金 US$3,200,000
株主/投資家 GMO Global Payment Fund Rakuten Cyberagent Ventures
資金調達の有無 yes

※ 掲載企業に関するあらゆるお問い合せを受け付けておりますが、ご質問に関しては回答できない場合がございます。なにとぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

この企業をシェアする
Facebookでシェア google

Coda Payments

Coda Payments

Singapore Singapore

https://www.codapay.com/

サービス名
Coda Payments
サービスURL
https://www.codapay.com/
事業領域
Payments
サービス紹介

Codapayは、東南アジアにおける代替的な支払のゲートウェイです。私たちは、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポールで、クレジットカードやデビットカードを持っていなくても、どんな消費者でも使える支払方法での支払(運送会社への直接請求、銀行振込、コンビニでの現金払い、物理的な商品引換券など)を、商人が受け付けられるようにしています。Codaと一度技術的な接続をし、商業契約を交わすだけで、私たちの商人(Baidu(バイドゥ)、Gumi(グミ)、Garena(ガレナ)などの会社)は、私たちがサービスを提供する急速に成長している市場で、著しく収益が増大するのです。同じように、Codaを商人集積者として指名することで、私たちの支払チャネルプロバイダー(Singtel(シングテル)、Indosat(インドサット)、Maxis(マクシス)などの会社)は、著しく沢山の新しい総取引量を生み出すのです。

社長情報
Coda Payments
経営者名
Neil Davidson
生年月日
4/30/1981
出身地
California, United States
職務経歴
Coda(コーダ)を共同設立する前、Neil(ニール)は、GSM Association(ジーエスエム・アソシエーション)で、Mobile Money(モバイル・マニー)のアンバンク・チームのマネジャーをしており、McKinsey & Co.(マッキンゼー・アンド・カンパニー)でコンサルタントもしていました。
学歴
Neil earned his bachelor's degree and an MBA from Harvard University.
-起業のきっかけはなんですか?

Codaを設立する前、Neil Davidson(ニール・デイヴィッドソン)(CEO)とPaul Leishman(ポール・リーシュマン)(COO)は、モバイル・ネットワーク業者のグローバルな業界団体であるGSm Associationで一緒に働いていました。彼らは、発展途上および新興市場の電気通信会社のために、支払サービスを作り、展開する手伝いをしていました。彼らは、オンラインの商人が運送人直接請求やその他の代替的な支払チャネルを利用できるようにする支払プラットフォームを作るチャンスを東南アジアに見い出しました。そこで、GSMAを出ることを決め、Coda Paymentsを設立しました。

-日本の企業や投資家へメッセージをお願いします。

ゲームや、その他のデジタルコンテンツを東南アジアに導入しようとしている日本の企業とお話するのを楽しみにしております。

会社情報
設立年月日
12/21/2011
所在地
77A Tras Street
事業内容
Accept payments from cardless customers in Southeast Asia with just one connection
資本金
US$3,200,000
株主/投資家
GMO Global Payment Fund Rakuten Cyberagent Ventures
資金調達の有無
yes

※ 掲載企業に関するあらゆるお問い合せを受け付けておりますが、ご質問に関しては回答できない場合がございます。なにとぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

この企業をシェアする
Facebookでシェア google
pagetop