SEA100

Japanese


KFit

KFit

Malaysia マレーシア

https://kfit.com/

サービス名 KFit(定額フィットネスサービス)
サービスURL https://kfit.com/
事業領域 Online to Offline Fitness platform
サービス紹介

KFitは、一つの会員になるだけで何千ものフィットネスの教室やジムに消費者がアクセスできるようにしています。2015年4月に始まったばかりですが、Kfitは、たった7か月の間に、もう10都市に進出しています(クアラルンプール、シンガポール、香港、台湾、マニラ、シドニー、メルボルン、パース、オークランド、ソウル)。Kfitの目標は、健康のためのナンバーワンのオンライン・オフライン間プラットフォームになることです。

社長情報
KFit
経営者名 Joel Neoh
生年月日 11/10/1983
出身地 Kuala Lumpur, Malaysia
職務経歴 ジョール・ネオは、マレーシアの企業家で、投資家です。現在は、アジア太平洋の10か国にあるフィットネス共有プラットフォームであるKfitの創設者です。その前は、2010年にグルーポン・マレーシアになったグループスモアの創設者でした。2013年から2015年の間に務めたシニア・バイス・プレジデントの立場とグルーポンアジア太平洋のトップとして、ネオ氏は、組織を12か国にわたり数千人もの従業員を抱える数十億円の企業に押し上げた高成長のビジネスモデルを構築する手助けをしました。彼のリーダーシップの下で、グルーポン・マレーシアは、ワールドブルーの最も民主的な職場リスト2013年に名を連ねました。ネオ氏は、オーストラリアのモナシュ大学でエンジニアリングを学んでいた20歳のときに、初めて起業しました。同氏は、2007年に行われたザ・アプレンティスのマレーシア版であるザ・ファームで、23歳にして最も若い出場者として、初代の優勝を飾りました。ネオ氏は、いくつかの成功を収めた会社の共同設立者でした。その一つが2013年にカッチャ・メディアと合併したセイズ・コムで, アジアにある技術ベンチャーキャピタルの一連のファンドや新興企業に投資しました。2012年、ネオ氏は、アーンスト&ヤング主催のマレーシアにおける新興企業家のカテゴリーで、年間最優秀賞に選ばれました。2013年、彼は、アジアの企業家トップ10に名を連ね、ワールド・エコノミック・フォーラムから若いグローバル・リーダーに選ばれるとともに、マレーシアのサービスメダルを授与される栄誉を授かりました。2014年、ネオ氏は、創造的なパイオニア賞を授与され、マレーシア・ビジネスの成功した40歳未満のマレーシア人30人のリストに載りました。同氏は、2013年に共同設立した上場会社であるREVアジアの取締役会の一員であり、また、モナシュ・スクール・オブ・ビジネスと世界最大の学生組織であるAIESECの諮問委員会のメンバーでもあります。
学歴 Joel completed his studies at Monash University and Harvard Business School and has lived in a number of Asia Pacific cities, including Tokyo, Seoul, Taipei, Sydney and Singapore.
-起業のきっかけはなんですか?

2015年初め、日本の軽井沢へスキー旅行に来ていたとき、ある良い友人が、ジョールに、消費者が色々なジムやスタジオに立ち寄ることができるようにしている初期のアメリカの新興企業についての記事を見せました。このビジネスモデルに惹きつけられたジョールは、すぐさま、チャンスがはっきり現れたのに気付き、次の冒険は、フィットネス市場全体を成長させ、より健康的な都市を作ることだと決めました。APACのジムの会員は(世界全体の成長率2%に対して)年間10%の成長が見込まれており、独立したジムやフィットネススタジオの数も増え始めているため、消費者がエクササイズをし、より健康的な生活を送るために簡単にアクセスできるようにするプラットフォームを作る必要が高いのです。

-日本の企業や投資家へメッセージをお願いします。

しょしんわするべからず (初心忘れるべからず)

会社情報
KFit
設立年月日 3/22/2015
所在地 Level 2, Tower 7, Avenue 3, The Horizon, Jalan Kerinchi, Bangsar South, 52900 Kuala Lumpur, Malaysia
事業内容 Online-to-Offline Fitness platform in Asia
資本金 USD$4.25 million
株主/投資家 Joel Neoh, Yeoh Chen Chow, Sequoia Capital, ESOS, Danchelle Limited, Global Founders Capital, SXE Ventures Limited, 500 Durians, Segnel Ventures, 3 Anonymous Parties, 500 Startups III, Daniel Hyunsung Shin, Ng Aik Phong, Rafiq Razali
資金調達の有無 yes

※ 掲載企業に関するあらゆるお問い合せを受け付けておりますが、ご質問に関しては回答できない場合がございます。なにとぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

この企業をシェアする
Facebookでシェア google

KFit

KFit

Malaysia マレーシア

https://kfit.com/

サービス名
KFit(定額フィットネスサービス)
サービスURL
https://kfit.com/
事業領域
Online to Offline Fitness platform
サービス紹介

KFitは、一つの会員になるだけで何千ものフィットネスの教室やジムに消費者がアクセスできるようにしています。2015年4月に始まったばかりですが、Kfitは、たった7か月の間に、もう10都市に進出しています(クアラルンプール、シンガポール、香港、台湾、マニラ、シドニー、メルボルン、パース、オークランド、ソウル)。Kfitの目標は、健康のためのナンバーワンのオンライン・オフライン間プラットフォームになることです。

社長情報
KFit
経営者名
Joel Neoh
生年月日
11/10/1983
出身地
Kuala Lumpur, Malaysia
職務経歴
ジョール・ネオは、マレーシアの企業家で、投資家です。現在は、アジア太平洋の10か国にあるフィットネス共有プラットフォームであるKfitの創設者です。その前は、2010年にグルーポン・マレーシアになったグループスモアの創設者でした。2013年から2015年の間に務めたシニア・バイス・プレジデントの立場とグルーポンアジア太平洋のトップとして、ネオ氏は、組織を12か国にわたり数千人もの従業員を抱える数十億円の企業に押し上げた高成長のビジネスモデルを構築する手助けをしました。彼のリーダーシップの下で、グルーポン・マレーシアは、ワールドブルーの最も民主的な職場リスト2013年に名を連ねました。ネオ氏は、オーストラリアのモナシュ大学でエンジニアリングを学んでいた20歳のときに、初めて起業しました。同氏は、2007年に行われたザ・アプレンティスのマレーシア版であるザ・ファームで、23歳にして最も若い出場者として、初代の優勝を飾りました。ネオ氏は、いくつかの成功を収めた会社の共同設立者でした。その一つが2013年にカッチャ・メディアと合併したセイズ・コムで, アジアにある技術ベンチャーキャピタルの一連のファンドや新興企業に投資しました。2012年、ネオ氏は、アーンスト&ヤング主催のマレーシアにおける新興企業家のカテゴリーで、年間最優秀賞に選ばれました。2013年、彼は、アジアの企業家トップ10に名を連ね、ワールド・エコノミック・フォーラムから若いグローバル・リーダーに選ばれるとともに、マレーシアのサービスメダルを授与される栄誉を授かりました。2014年、ネオ氏は、創造的なパイオニア賞を授与され、マレーシア・ビジネスの成功した40歳未満のマレーシア人30人のリストに載りました。同氏は、2013年に共同設立した上場会社であるREVアジアの取締役会の一員であり、また、モナシュ・スクール・オブ・ビジネスと世界最大の学生組織であるAIESECの諮問委員会のメンバーでもあります。
学歴
Joel completed his studies at Monash University and Harvard Business School and has lived in a number of Asia Pacific cities, including Tokyo, Seoul, Taipei, Sydney and Singapore.
-起業のきっかけはなんですか?

2015年初め、日本の軽井沢へスキー旅行に来ていたとき、ある良い友人が、ジョールに、消費者が色々なジムやスタジオに立ち寄ることができるようにしている初期のアメリカの新興企業についての記事を見せました。このビジネスモデルに惹きつけられたジョールは、すぐさま、チャンスがはっきり現れたのに気付き、次の冒険は、フィットネス市場全体を成長させ、より健康的な都市を作ることだと決めました。APACのジムの会員は(世界全体の成長率2%に対して)年間10%の成長が見込まれており、独立したジムやフィットネススタジオの数も増え始めているため、消費者がエクササイズをし、より健康的な生活を送るために簡単にアクセスできるようにするプラットフォームを作る必要が高いのです。

-日本の企業や投資家へメッセージをお願いします。

しょしんわするべからず (初心忘れるべからず)

会社情報
KFit
設立年月日
3/22/2015
所在地
Level 2, Tower 7, Avenue 3, The Horizon, Jalan Kerinchi, Bangsar South, 52900 Kuala Lumpur, Malaysia
事業内容
Online-to-Offline Fitness platform in Asia
資本金
USD$4.25 million
株主/投資家
Joel Neoh, Yeoh Chen Chow, Sequoia Capital, ESOS, Danchelle Limited, Global Founders Capital, SXE Ventures Limited, 500 Durians, Segnel Ventures, 3 Anonymous Parties, 500 Startups III, Daniel Hyunsung Shin, Ng Aik Phong, Rafiq Razali
資金調達の有無
yes

※ 掲載企業に関するあらゆるお問い合せを受け付けておりますが、ご質問に関しては回答できない場合がございます。なにとぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

この企業をシェアする
Facebookでシェア google
pagetop